BACHATA

Dance Lesson

​男女でペアで踊るダンス

​オトナの教養習い事として始める人が増えてます!

ペアダンスがオトナの教養習い事としておすすめな理由

男性がリードして、女性がフォローする

言葉のいらないコミュニケーケーションから学べること

想像以上に言葉以外から伝わるものが多いと知ることができます。

立ち姿も、目線も、意識も、触れた手の感覚も、全てが伝えるコミュニケーションテクニック。

お仕事やプライベートで他人とコミュニケーションが円滑になるヒントになるでしょう。

リーダー(男性)とフォロワー(女性)の役割を演じることの心地よさ

自信がなくても役割を演じることでペアダンスは上手に踊れるようになります。

フォロワー(女性)が先走ってしまうと上手く行かないのは、恋愛も同じかも。

本来の性格は違ったとしても、女性はレディな気分で扱われることにも対応できるようになります。

男性はハンサムなリードで女性をエスコートできる仕草が身につきます。

一生モノの友人やパートナーと出会える

世界中に広がるラテンダンスのコミュニティには、経営者や専門家、主婦、社会人や学生、年齢も国籍も様々な幅広い層の人たちが集まります。

フレンドリーでオープンな付き合いから、結婚するカップルも生まれています。

Shadow on Concrete Wall
バチャータはダンス未経験でも簡単なステップとリズムで
ペアダンスの魅力を体験できる
BACHATA

バチャータがぴったりな人はこんな方

☑️ ギターの哀愁漂う切ない音楽が好きな方

☑️ リズムカルに踊りたいが、速すぎるとついていけないと心配な方

☑️ 楽しいステップを踏んでみたい方

☑️ 色っぽい気分で踊りたい

 

 

  • バチャータとは?

ドミニカ共和国のヒットチャート上位を独占し、日本のラテンクラブでも

今ではサルサの次によくかかる大人気音楽。バチャータがメインのイベントも多数開催されています。男女が左右にからだを揺らしながら踊るホットで洗練されたダンスです。

 

元々はキャバレーや売春宿で生まれたものですが、現在は音楽も流行の要素を含み、特に若い人を中心に世界中で流行しています。

 

ギター、ボーカル、コンガ、ウィローとシンプルな楽器の曲。

そこにアレンジが加わり、ストリートミュージックやR&Bようなアーバンバチャータ、ボーカルメインのロマンティカバチャータなども人気です。

 

  • バチャータのスタイル?

今は大きく分けて、トラディショナル、モダン、センシュアル、ドミニカンと区別することができます。これらは音楽に合わせて踊り分けていきます。

ロマンチックなメロディーに合わせたムーブメントでセンシュアルに、ギターに合わせてドミニカンにと、楽曲によっては同じ曲の中で一緒に表現することもできます。

 

初めてのペアダンスなら、トラディショナルとモダンのものから基本を抑えておくことをおすすめします。

パートナーがいません。

 

個人レッスンである程度踊れるようになってから、思い切ってラテンクラブに出かけるのもオススメです。ラテンクラブでは、決まった相手と踊る訳ではなく、はじめて会った者同士で踊ることが普通です。一人で遊びに行く人も多くいます。

 

ペア参加を原則としてるクラスもあるかもしれませんが、

原則的にグループレッスンに、ひとりで参加することは可能です。

レッスンの中で自然とみんな仲良くなっているので、気兼ねなくおひとりでも参加してみてください。

 

Q 年齢に制限はありますか?

 

いくつからでも始められて、いくつからも挑戦することのできる奥深い世界です!

楽しみ方も年齢や体力、個人に合わせていろいろご提案できます♫

やってみたいと思われた時が一番最適な時です!!

 

どんな格好でレッスンしたらいいの?

 

服装は特に指定はありませんので、動きやすい服装でご参加ください。

体のラインが見えるほうがオススメです。

 

シューズは最初はコットンの靴下でも代用可能です。

女性であればヒールがあり足首がきちんと固定できる靴をご用意ください。

ヒールが苦手な方はジャズシューズやバレエシューズなどで代用できます。

男性であれば靴底の滑りやすく柔らかい靴をおすすめします。ラテンダンスシューズがあればベストです。

全くダンスをしたことないけど、だいじょうぶ?

 

入門レベルのクラスから始めてください。

音のとり方、体重移動、腕の使い方、お相手とのポジション、心構え、マナー..etc

きちんと指導力のある講師につけば、安全に初歩から学ぶことができます。

 

歩くことの延長線上にダンスはあります!

あきらめずに続けていれば、自然とステップを踏めるようになり

笑顔でダンスフロアを自在に踊るあなたになっているでしょう♫

どなたでもペアダンスを楽しむ権利があります!

 

 

どんな人がレッスンを受けていますか?

 

学生、主婦、OLやサラリーマンなど、職業も年齢も様々な人が多くいらしています。

 

 

 

個人レッスンとグループレッスンどちらがいい?

 

どちらにもメリットとデメリットがあります。

早く踊れるようになりたい場合は、個人レッスンに勝るものはありません。

 

 

個人レッスン......圧倒的な上達スピード、特別感

(メリット)

  • 講師と組んで踊ることで微妙な感覚を体感しやすい。

  • 個人に合わせたアドバイスが聞ける。

  • 他人を気にせず自分のペースで進められる。

  • スケジュールを合わせて行うので、忙しい人にも続けやすい。

  • 個人に合わせて講師が様々な提案ができ、効率的に上達できる。

(デメリット)

  • 料金が高めであること。

  • 講師と一対一のため、逃げ道がない。

 

 

グループレッスン......みんなでワイワイ、部活気分でお友達ができやすい

(メリット)

  • 様々な年齢の受講生と楽しく始められる。

  • 決まった時間でスケジュールを組みやすい。

  • いろいろなタイプと組んで踊ることで、誰とでも踊れる対応力がつく。

  • 講師が自分だけに集中していないので、注意されることが少ない(笑)

  • レッスン料金が安い。

 

(デメリット)

  • わからないことがそのままになりやすい。

  • 組んだ時の感覚は、生徒同士で正解がわからない。

  • ペースについていけずで焦りを感じやすい。

  • 忙しくて時間が合わない。

  • 同じ生徒なのに注意される(笑) ⇦基本的に多くの講師が禁止しています。

 

 

 

​体験レッスンのお申し込み予約ができます

_F7A8713.jpg
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Basic Black

講師プロフィール​

HIROMI  KANEKO

サルサ,バチャータ,ラテンダンサー

ダンス歴 20年、ストリートダンスやガールズヒップホップ、モダンダンスなどの経験を得て、サルサを始めて1年目に師匠のパートナーとしてプロデビュー。国内と海外でラテンダンスコンペティションへ出場し数々の賞を獲得。イタリア・ミラノ、ラスベガスなど海外のフェスティバルでも日本代表ペアとして出演やワークショップを行う。EOダンスカンパニーに所属し、ERICK & HIROMIとして競技出場やショー出演、様々な挑戦を続ける。

サルサ以外のダンス経験とピラティス講師資格と解剖生理学の知識も生かしたダンスレッスンでは、ボディメイク効果もあると受講者から定評有り。六本木、代々木、新宿三丁目など各地で講師としても活躍中。

  • アジアバチャータチャンピオン

  • 7回 日本バチャータチャンピオン

  • ​日本サルサチャンピオン

  • ワールドチャンピオンシップ2位

© 2018 by HIROMI LATINA   このサイトは Wix.com を使って作成されました。